スタッフブログ

最果ての観光地

2018年10月2日火曜日

 

 

 

はいさい!「琉球ナビゲーター」の儀間です。
 

 

 

コバルトブルーの海、熱帯・亜熱帯の樹々、優しく穏やかな沖縄の自然です。
でも、今回の台風の様にちょっと異彩な荒々しい景観をご紹介しましょう。

 

 

沖縄本島の最北端にある二つの観光地です。

 

 

ひとつめは沖縄本島最北端、辺戸岬です。那覇空港から沖縄自動車道と一般道の国道58号線を使って2時間30分、最果ての岬です。

 

 

 

沖縄の海はリーフが発達していますので波が穏やかですが、
辺戸岬周辺はリーフがあまり発達していないため、荒々しい波が絶壁の岩礁に打ちつけます。

 

 

周辺になにも無い荒涼とした岬はいつも強い風は吹き抜けていきます。晴れた日には群青の海の向こうに鹿児島県・与論島が見えます。

 

 

もうひとつは辺戸岬近くにある観光地「大石林山(だいせきりんざん)」。

 

 

 

ゴツゴツした隆起サンゴ礁の岩山がひろがっています。

 

奇岩が点在するこの場所は昔から注目されていたようで、沖縄の各地に点在する聖地、御嶽(ウタキ)の中でも
特に重要な「琉球開闢七御嶽」のひとつとして注目を集めていました。

 

 

ここで撮影された不思議な光がひろがる写真がたくさん施設の建物に展示されています。

 

 

 

 

最果ての辺戸岬とその周辺をゆっくりドライブを楽しみながら訪ねてみてはいかがでしょうか?

ページの上部へ戻る